人の心理.com

人の心理や特徴を読み解くウェブブログ

気疲れする人の心理的特徴 5選

time 2017/02/24

気疲れする人の心理的特徴 5選

学校、職場、社会の中にいると、多くの人達と一緒に勉強したり 仕事をするわけですが、自分と性格的に合わない人が近くにいたり、自分が所属する組織や集団の居心地が悪かったら、それだけでストレスになり、とても疲れますよね。

今回は、気疲れする人の心理的特徴について考えてみたいと思います。

長時間 気疲れやストレスを感じていると、やがて心の病気を抱えてしまうこともあるので、 「気疲れ」しやすい人の特徴は そのまま放っておけない特徴だと思います。

気疲れしやすい人の心理や特徴は、

主に、次の5つが考えられます。

1. 言いたい事を言わない

2. 心配性

3. 嫌われたくない

4. 間違った事が嫌い

5. 責任を背負いがち

それでは、それぞれの詳細について見てみましょう。

1. 言いたい事を言わない

気疲れをする人は、普段、周囲に言いたい事をはっきり言わない傾向があります。

自分の意見があっても、周囲の意見に合わせて自己主張しないし、また周囲に対して不満があっても腹立たしく思っていても、それをはっきり口に出して意思表示をしないんです。

自分の思いを内にしまい 我慢してしまうタイプです。

2. 心配性

気疲れをする人は、とても心配性で、小さな事でも気にしすぎる所があります。

外出時の家の戸締りから、現在の仕事のこと、自分や家族の健康のことや、家庭の貯蓄や経済状況、そして将来のことまで、どんなことでも心配するのです。

あまりにもいろんな事に気が入りすぎて、考えることが多すぎて、気持ちを休めることができません。

3. 嫌われたくない

気疲れする人は、周囲から嫌われたくないと思っている人が多いです。争いごとが嫌いで、他人から自分を良いように思われたいと考えています。

人の自分への評価を気にしすぎて、人々の前で、本来の自分を見せたり、本心で話したりする事ができない人です。

4. 間違った事が嫌い

気疲れする人は、本当に真面目な人が多いです。

間違った事が嫌いで、社会のルールや決まりをきちんと守って生活しようと心がけています。ただ周囲に、不真面目な人、ルールや規則を守れない人がいると、「どうしてなの?」と真面目が故に深く考え込んでしまいます。

5. 責任を背負いがち

気疲れする人は、強い責任感があり、何事にも頑張り過ぎる所、責任を背負いがちな所があります。その為、自分が担当する仕事や作業で他の人が手を抜いていても、「自分一人」でもやろうとしまい、仮にそれが失敗したり上手くいかなかった場合には、無責任に手を抜いた人を責めるどころか、「失敗も自分の責任」と思ってしまうのです。

以上、気疲れする人の心理的特徴 5選 でした

あなたは気疲れしやすいタイプの人でしょうか。

ここで述べたような心理的特徴に当てはまるものはありましたか?

社会に出るといろんな人と付き合わないといけませんが、決してあなた自身が損をするような立ち位置に立たなくてもいいんです。

相手や周囲の評価なんて気にせず、我慢せずに言いたいことがあれば、はっきり自己主張すればいいし、社会のルールを守れない人が自分の近くにいたとしても気にしなくていいんです。

あなたさえ 自分を見失わず、自分をしっかりと見れていればそれでいいんです。

あなた一人が頑張らなくてもいいし、責任は責任を負うべき関係者全員で分担すればいいんです。

人生なるようになります。肩の力を抜いて 深く考えずに 気楽にいきましょう。

スポンサードリンク

down

コメントする