人の心理.com

人の心理や特徴を読み解くウェブブログ

世渡り上手な人の心理や特徴 7選

time 2017/02/27

世渡り上手な人の心理や特徴 7選

今回は、世渡り上手な人が持つ心理や特徴について、考えたいと思います。

世渡り上手とは..

世間においてうまく立ち回り、有利な人間関係を築いたり、裕福な暮らしを実現したりするさま。うまく世渡りしているさま。

引用元:  http://www.weblio.jp/content/世渡り上手

世渡り上手な人が持つ心理や特徴は、

主に、次の7つが考えられます。

1. 太鼓持ちのセンスが抜群

2. 人の話を聞くセンスが抜群

3. 話をするセンスも抜群

4. 空気を読むセンスが抜群

5. 可愛がられるセンスが抜群

6. 頼るセンスも抜群

7. 怒られるセンスも抜群

それでは、それぞれの詳細について見て行きましょう。

1. 太鼓持ちのセンスが抜群

世渡り上手な人は、人をおだてたり、褒めたりする事が非常に上手いです。

言葉や態度で相手を持ち上げ、しかもワザとらしくなく、自然に相手を良い気分にさせてくれます。

2. 人の話を聞くセンスが抜群

世渡り上手な人は、人の話を聞くことが上手いです。

例えば、会社の飲み会の席で、自分に酔いながらビジネス論を語る上司の話を、周囲が面倒くさい雰囲気を出しながら聞いていたとしても、世渡り上手な人は一人真剣な眼差しで聞いています。話している方は、誰が自分の話をちゃんと聞いてくれているか、結構見ていないようでも話しながらよく見ているものです。

3. 話をするセンスも抜群

世渡り上手な人は、人の話は聞くだけでなく、自分が話す能力にも長けています。相手の話がマンネリ化したり、途中で途切れたり、話している相手自身もそれに気づいて少し助け舟が欲しいと思っている所に、世渡り上手は、すかさずうまく相づちを入れたり、相手が話した内容に関連する自身の体験談を話すことで、相手の話がうまく肯定化するように持っていきます。

4. 空気を読むセンスが抜群

世渡り上手な人は、場の雰囲気・空気を読むことに長けています。

機嫌の悪そうな人とはうまく距離を置き、逆に機嫌の良い人には寄っていく、場の雰囲気を察知して盛り上げたり、常に周囲の状況をよく見ながらいろいろなフォローを入れていきます。

5. 可愛がられるセンスが抜群

世渡り上手な人は、目上・年上の人からよく可愛がられます。

飲み会で上司からご馳走してもらったら、すかさず御礼の連絡を入れ、「貴重な話を聞けてありがとうございました、またぜひ御一緒させて下さい!」など、相手を見て、相手が喜びそうなコメントを的確に伝えるなど、持ち前の太鼓持ちのセンスでうまく立ち回り、「あいつは良い奴だなあ」と周囲に思わせるのです。

6. 頼るセンスも抜群

世渡り上手な人は、周囲に甘えたり、頼ったりするセンスもあります。

仕事でうまくいかないことでも、自分で悩みながら時間をかけようとせず、 うまく先輩や上司に相談して助けてもらいます。その頼り方もうまく、「しょうがない奴だなあ」と言われながらも、頼られた相手はつい助けたくなります。次に頼る時の為にも助けてもらった後のフォローも忘れません。

ただ自分で努力せずに何でも頼ってしまうのも禁物です。自分自身である程度考えてやって見た上で、ダメだと判断した時に周囲に上手く頼るようにしましょう。

7.  怒られるセンスも抜群

世渡り上手な人は、怒られることも非常に上手いです。

仕事に失敗した時も、反省している感を怒っている相手に上手く見せることで、「反省しているようだし、次は気をつけろよ」と大きなお咎めなく済むことが多いです。

普段から世渡り上手のセンスを発揮していることもあり、相手から愛情のある怒られ方をしますし、日頃の好かれる努力が大切なんですね。

以上、「世渡り上手な人の心理や特徴 7選」でした。

世渡り上手な人が持つ心理や特徴を考えて見て、何より「相手の考えを読む力」と「コミュニケーション力」の高さが根本にあると思います。

ただ単にコミュニケーションを取るのではなく、相手の言動を注意深く観察しながら、「今この人はどういう心境かな」と考えながらコミュニケーションを取っていくことで、少しづつでも世渡り上手な人になれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

down

コメントする