人の心理.com

人の心理や特徴を読み解くウェブブログ

打たれ強い人の心理や特徴 5選

time 2017/04/06

打たれ強い人の心理や特徴 5選

世の中には、いろいろな環境の中で、いろいろな特徴の人がいて、様々な人の不安や悩み、ストレスが交錯し合っています。

今回は、そんな社会の中で自分を見失うことなく生きていくために必要なこと。

そして、そんなどんなことにも怯まないタフな気質を持つ「打たれ強い人」の心理や特徴について、書いていきたいと思います。

主に、次の7点が挙げられます。

1. 他人の評価なんて気にしない

2. 落ち込みを長引かせない

3. 気分転換が上手

4. ポジティブ思考

5. 心から信頼できる仲間がいる

それでは、それぞれの特徴について、見ていきましょう。

1. 他人の評価なんて気にしない

人は社会の中で、「周囲から嫌われたくない」、「できればよく思われたい」と思うのは一般的で、誰もが持っている普通の心情です。ですが、そういった周囲からの評価や、周囲の自分への印象を気にしすぎることで、評価や印象が良くなかった時には、希望や期待分に落ち込んでしまいます。

打たれ強い人は、もともとそういった他人の評価を気にしない性格、また気にしないようにうまく自分の心をコントロールできるんです。

2. 落ち込みを長引かせない

世の中に、どんなことも平気、落ち込むことはないなんて、そんな人はいないと思います。誰でも後悔の念に駆られたり、悲しみを覚えたりすることはあります。

ただ打たれ強くて、強い精神力を持つ人は、落ち込みを長引かせることはありません。

例えば仕事で大きな失敗をしてしまっても、クヨクヨと考え続けるのではなく、この失敗を次はいかに生かそうか、同じ失敗しないためにどう考えればいいかと、失敗を糧にして成長させることができます。

3. 気分転換が上手

打たれ強い人は、気分が落ち込みそうな時に、うまく気分転換をする術を知っています。

思い切って仕事や悩みの元から自分を遠ざけて、趣味に没頭したり、新たな楽しみを見つけたり、自分が意心地が良いと思える時間を作って、そこに自分の身を置くことで、上手に自分の心をコントロールしているんです。

4. ポジティブ思考

打たれ強い人は、落ち込んでいる時はもちろんのこと、普段の生活の中でも、ネガティブよりポジティブ思考であることが多いです。

気分的に面倒だったり、億劫に感じたり、消極的な言動をしてしまうような場面でも、「面白そうだ」「自分の為になりそう」と積極的に考えて前向きに行動します。

こういった打たれ強い人の心理的特徴は、もともと生まれ持って兼ね備えた気質である人もいれば、意識的にポジティブに考える努力をしている人もいます。

後者の人は、何事にもポジティブに考えることで、自分を奮い立たせているんですね。

5. 心から信頼できる仲間がいる

どんなに打たれ強い、強いメンタルを持つ人でも、一人で生きていくことはできません。心から信頼できる家族や親族、友達など、自分のメンタルをコントロールする為の助けになる仲間が必ずいます。

そういう人たちと、不安や悩み、自分が抱えるストレスを話して共有することで、苦境に立ち向かう勇気にしているんです。

人生をかけて付き合える友人は、そんなにたくさんいなくても構いません、1人でもかまいませんので、そんな大切な仲間を見つけましょう。

以上、「打たれ強い人の心理や特徴 5選」でした。

いかがでしたでしょうか?

打たれ強い人のタフな精神の根本には、このような心理的特徴があったんですね。

また打たれ強い人は、確かな「志」や「夢」、少し先の、そして長期的に見た将来の目標を持っていて、それらを心の支えとしていることがあります。

「志」や「夢」、「目標」を基軸とした原動力はとても力強く、将来の自分自身の姿をしっかりと見据えれているからこそ、ちょっとした失敗や挫折、苦境にも揺るぐことなく前進できるんだと思います。

スポンサードリンク

down

コメントする