人の心理.com

人の心理や特徴を読み解くウェブブログ

嫌な奴を気にしない方法・心理術 3選

time 2017/05/12

嫌な奴を気にしない方法・心理術 3選

職場、学校の同じクラス、部活サークル、バイト先、みなさんの周囲に嫌な人 ..いえ、嫌な奴!っていませんか!?

平気な顔して何度も嫌がらせをしてくる嫌な奴、他人の立場に立って物事を考えられない嫌な奴、他人をいじめること自体なんとも思っていない奴、近くにいたくもないし、会うたびにストレスを感じますよね。

顔を合わせてなくても、頭の中から離れなかったり、夢にまで出ていたり。

地球がひっくり返っても好きになるなんてありえない、顔も見たくない、ずっと縁を切りたいと思うような嫌な奴です。

今回は、そんな嫌な奴を気にしない方法、忘れる方法、
嫌な奴と対面する心構えや対処法について考えてみたいと思います。

1. 何かに没頭する
2. 自分の思いを人に聞いてもらう
3. 自分の心をコントロールする

1.何かに没頭する

あなたがストレスを感じるほど嫌な奴であれば、朝から晩まで、頭から離れないと思います。
嫌がらせをしてくる嫌な奴の姿がどんな時にでも目の前にチラついているのではないでしょうか。
こんな時は、趣味に没頭したり、新たなことを始めてみたり、嫌な奴のことが思い浮かばないぐらいに集中できることを見つければいいんです。
心から楽しいと思える情報と頭の中の嫌な情報を入れ替えるんですね。

家に篭って、大好きなDVDを1人でみたり。ゲームをしたり。カラオケで歌を歌ったり、スポーツをしたり。旅に出かけるのもいいかもしれません。

趣味ではなく、仕事を詰め込んで、嫌な奴を考える暇が無いほどに自分を忙しくさせるという人がいますが、基本仕事はいつも楽しい訳ではなく、気持ちが乗らなかったり、疲れたりすると、ネガティブ思考になったり、嫌な記憶を思い起こしたりしますので、できれば仕事から離れて楽しめることに没頭するのがいいです。

2. 自分の思いを人に聞いてもらう

嫌な奴から自分が嫌味な言動を受けている場合、あまり周囲に他言したくない思いはもちろんあると思います。ですが、誰にも言わずに1人で抱えるとどんどん深く考え込んでしまいますし、口に出して見ることで気分が晴れることだってあります。自分の思いを誰かに聞いてもらえることで、一緒に悩みを共有することになりますし、相手からもらった言葉に励まされることもあると思います。

家族や心の許せる友人に、どんどんと自分の思いを聞いてもらいましょう。
その相手は、必ず自分の話を他言しない信用できる人であることが大切です。

3. 自分の心をコントロールする

1番と2番の方法は、一時は嫌な奴を忘れることができるかもしれませんが、また顔を合わせたら、せっかく気にしないでいたのに、また辛い感情が込み上げてくるでしょう。

どうしても嫌な奴から離れられない環境であれば、自分の心(マインド)をコントロールすることで、嫌な奴が気にならなくなるようにもできます。

私も以前、職場で心底恨みたくなる嫌な奴がいました。
私は長年一生懸命に働いて結果を残したおかげで会社から良いポジションを与えられました。

私より一回り以上も年上のその嫌な奴はそれが気にくわなかった為、毎日私に対して一方的に嫌がらせをするようになりました。

私もそれで嫌な奴の顔を見るのも耐えられないほどのストレスを感じるようになりました。

その過度なストレスは自分の体調が悪くなるほどでした。

その時、次の3つのキーワードと嫌な奴を照らし合わせることで改善できたのです。
嫌な奴の存在が全く気にならなくなるのは無理でしたが、
普通に対面することができるようになりました。

そのキーワードとは…

・もっと高みを目指す。
・時間の価値が違う。
・かわいそう。

この3つです。

どのキーワードも、自分の立ち位置を、嫌な奴よりも高い位置に置こうとする心理状態です。

まず最初に、嫌な奴は程度の低い言動しかできず、おそらくこの先も一生続けるでしょう。そんなどうしようもない相手に対して腹を立てたり、気にしていたら同じレベルになってします。自分は将来やりたいこともある、人生を成功させたいし、もっと高みを目指していかなければならないのに、こんな人間をいちいち相手にしていたら自分の人生も前には進めない。

こんなところで立ち止まっていたらダメだと。

そう思うようにしたんです。

そして2つ目に、嫌な奴や他人に嫌がらせをすることに大いに時間を無駄に使いますが、自分の時間の価値はもっと高いはずだと考えました。

すると、いつも嫌な奴のことを気にしたり、どうしようかと深く悩んでいた時間が急にもったいなく感じるようになったんです。その時間をもっと自分にプラスになるように使わなければと思い始めたんです。

そして3つ目、今は、人生楽しそうに過ごしているようにも見える嫌な奴ですが、年をとって人生を終えようとした時に、嫌がらせやいじめ、人の心を傷つけて来たばかりの人生を振り返って、嫌な奴は果たしてどう思うのか?

そう思うと、何だかかわいそうな人に思えてきました。

私はこれらのキーワードで自分の心をコントロールすることで、嫌な奴と、私自身が決めた私の距離感で、余裕を持って対面することができるようになりました。

以上、「嫌な奴を気にしない方法・心理術」でした。

いかがでしたでしょうか。

特に最後の「自分の心をコントロールする」というのは、なかなかすぐにできることではありませんが、とても大切なことだと思います。

また嫌な奴への感情がどうしても改善しない場合、嫌な奴と自分の関係が一時であれば、できれば我慢するのがいいと思いますが、それが長期間の場合、どうしようもなければ、嫌な奴から離れて距離を置くというのも一つの手段です。

職場を辞めて転職をしたり、バイトを変えてみたり。

これは嫌な相手から逃げるのではありません。
一生に一度の人生ですから、有意義に楽しい人生を過ごすために、時には必要なことなんです。

嫌な奴に関連したこちらの記事も合わせて読んでいただければ、人の悪口を言う人の心理や特徴 5選嫌味や小言が多い上司の心理 5選 ご参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

down

コメントする